出会い系サイトで知り合った人と初めて会うときの会話術②~カフェ編~

公開日:2015/03/02
更新日:

コーヒー&クッキー

こんにちは、アヤトです。

前回(出会い系サイトで知り合った人と初めて会うときの会話術①~合流編~)に引き続き、今回はカフェでの会話についてです。

お店に到着したところからみていきましょう。

お店に着いた時の話題。

お店に着くちょいと前からお店について話をしておくと、着いた時にスムーズに入店できます。

全然違う話で盛り上がっていた場合でも、こちら(男性)が話し手の場合は途中でも止めて、

「お、(会話の)途中ですが、(お店に)着きましたー、オシャレですねー」と店に入る意思表示をしましょう。

相手(女性)が喋っている場合は、しっかり聞く姿勢を見せたまま店の前で立ち止まるなどして、出来る限り聞く意思を見せる。

話を無理矢理さえぎって、「着きましたよ」とか言っちゃうのはあまり得策ではありません。

ただ棒立ちで何分も店の前にいるわけにもいかないので、ある程度は強引に店の中へと行かなければいけません。

その辺りは、女性は話題がコロコロ変わっても平気な人が多いので、そこまで気にせず突入モードへと進んでOKです。

 

ちょっとした気遣いを。

ドアを開けてあげる、店員さんと対応する。(禁煙、喫煙なども注意して下さい。)

席を案内してもらったら、女性を上座の方に座らせるなどの配慮をしてあげて下さい。

ただ、ビジネスじゃないので、上座を気にしすぎる必要はありません。

奥がソファでテーブル挟んで椅子みたいになっていたら、ソファを譲ってあげるなどすればOKです。

 

相手に選ばせてあげるのもいいんですが、その場合は、相手も気を使って「奥へどうぞ」と言ってくれたりしてスマートにいきづらいので、自分は椅子の方へ座っちゃう勢いで譲ればOKです。

(譲り合いが頑なな子も中に入るので、その場合はソファ側に座ってしまえばOKです。)

 

感想を言い合う。

おしゃれなカフェ

着いてからいきなりメニューを見出したり、がっつり仕事の話を始めたりするとよくないので、「オシャレな感じですねー。」などとお店の感想を言っておくといいです。

(以前来たことがあるのを伝えている場合は、「いい雰囲気ですよねー!」などでOK)

褒めるのが上手い人ならアドリブでいけばいいですが、苦手な場合は先にセリフをある程度決めておくのがおすすめです。

 

例えば、静かで落ち着いた大人な雰囲気を「暗いね…」などと言っちゃうような人は特に。

知らず知らずのうちに嫌われていくので気をつけてください。

決められない人は、店がどんな感じでも「おしゃれな感じだねー」と言っておけばなんとかなる気がします。

 

アラを探さない。

話題がなくて困るとか、お世辞にもオシャレと言えない感じだったとしても、粗探しをしてマイナスなことを言うのはやめておきましょう。

「この砂糖入れ、埃かぶってるよ…」

「椅子、ガタガタじゃない?w」

とかですね。

絶対と言っていいほどNGなので気付いてもそっと心の奥底にしまっておいて下さい。

 

メニューを開いて見せる。

メニューがお互いに1つずつあっても、自分のを勝手に開いて一人で見始めるのはあまりよくありません。

相手側のをわざわざ手を伸ばして取って開いて見せてあげるのはなんだかおかしいので、自分のを開いて見せてあげる(一緒に見る)のがおすすめです。

その時に自分のメニューを自分自分に向けて開こうとすると、「一人で見始めた!」と勘違いして、

女性側も自分のを開いてしまう可能性があるので、開く前に女性側(テーブル中央)で横開きする姿勢を見せるといいですよ。

大抵のお店はメニューは一つだと思うので、普通に相手に向けて見せてあげればOKです。

 

ケーキセット的なのがいいよね。

ケーキセット的なのを食べる女子

コーヒーだけで喋っていると、話題にも事欠きますし緊張のあまり手持ち無沙汰になってグイグイ飲んでしまう危険性もあります。

(飲み物が一気に無くなって、「もう帰る?」的な雰囲気になりやすい。)

なのでケーキセット的なのがいいんですが、女性にとって一番最悪なシチュエーションが、”女性だけがケーキを食べている”状況です。

女性は周りの目を気にするので、「私だけケーキ食べて、ピザデブみたいじゃん↓↓」と勝手に感じる子が多い。

なので、食べたかったとしても、自分から「ケーキ食べていい?」とはなかなか言ってはくれません。

そんな中、こちらが「俺はコーヒーだけでいいや。あやみちゃんはケーキ食べなよ」と言っても、

「私もコーヒーだけでいいよ、ダイエットしてるから」とか言われて終了です。

 

ベストは「俺、ここのチーズケーキ食べてみたかったんだよね!食べてもいい?」などと食べる宣言をすることです。

そうすることで、相手の子も「お、アヤトさん食べるなら私も食べていいよね。食ーべよ♪」となるわけです。

黙ってメニューと睨めっ子して決めるよりもコミュニケーションを取りながら決めた方が自然です。

お互いに何を頼むのか決まったのかどうかもわかりやすいですしね。(店員さんを呼ぶタイミングを把握しやすい。)

 

対優柔不断女子

そんなに種類が多くないケーキセットでさえなかなか決められないような優柔不断系女子がいます。

そういった子を相手にすると、「ゆっくり決めて下さいねー」と言いながらスマホでも弄りたくなりますよね。(というかジーっと相手を見て待ってるのもプレッシャーかと思ってしまう。)

それよりは、「どれとどれで迷ってんの?」「あーわかるー。どっちも美味しそうだよねー」とぐだぐだ悩むのに付き合うのがベストです。

ここでアドバイス的なことを言ったり、「俺だったらこっちだな!」とか言うのはよくありません

万が一の場合、とんでもない地雷メニューで大ケガをする恐れがありますからね。

 

一緒に悩んでも全く決まらなかったら、「じゃあ俺こっちにするから、キミこっちにしなよ。一口交換しよう」的なことを言えばOKです。

(なんとなく嫌われている=ケーキのシェアをしたくない と思われていると華麗に無視されます。)

 

徐々に本格的な会話が…!

ケーキやコーヒーが来るまでの間の会話から徐々に本番がはじまる感じです。

ここに来るまでの間に世間話的なのは済ませているので、仕事の話とかをし始めていいと思います。

といっても、深い話をするわけにもいかないので当り障りのない感じの話なんですが、

出会い系で知り合っている場合は、プロフィールやメールである程度知っている可能性があるので、これまた再確認風で話題を振っていくのがおすすめです。

「お仕事は営業事務さんでしたよねー。結構残業とかありますか?」みたいなイメージです。

 

頼んだ物が来た時。

カフェの店員さん

頼んだものを店員さんが持ってきてくれたら、話を一度中断させて、それについて感想を言い合ったりするといいんですが、

女の子側がガッツリ話している場合は、店員さんに「ありがとうございます」と伝えてから「残業とか大変ですよね-」と続きを促して下さい。

こちら側が話している場合は、そのままコーヒーに砂糖を入れたりミルクを入れたりなんかしてそっちの方へ意識をズラしてしまいましょう。

(砂糖やミルクがテーブル据え置きタイプなら女性に確認して渡してあげるといいですね。)

 

そのまま食べたり、飲んだりして感想を言っていると、だいたい話が中断してしまいます。

その時に、向こうから「話の続きは?」的な促しがない場合は、続けてその話題を話す必要はありません。

先ほどお店に入る時もそうでしたが、僕らが夢中になって話す必要はありません。

相手の話を聞くことがメインなので、このように途切れた場合は、求められない限り無理に僕らの話を続ける必要はありません。

 

話す内容について。

具体的な内容はこちらの初電話戦略を参考にして下さい。

→ 出会い系サイトで知り合った人との初電話戦略①

既に通話をしてある程度仲良くなってる場合は、そこまでキンキンに話題を詰めずに多少の無言があっても大丈夫ですし、

この電話戦略に書いた内容の会話を一通りしておけば、相手の子も気を許して話してくれることが多いです。

 

おまけ~実録風~

アヤト「この前おじさん上司と超おしゃれなカフェに入っちゃって大変でしたよー…。あっ、着きました。ここですねー」

あやみ「おしゃれですね~」

 

ドアを開けてあやみちゃんを促す。

自分も入り、店員さんに2名と伝える。

 

店員さん「こちらの席でよろしいでしょうか」

アヤト「ありがとうございます。あやみさんそっちどうぞ」

あやみ「いいんですか?ありがとうございます」

 

アヤト「(内観を見渡しながら)オシャレな感じですね~!」

あやみ「ですねー!」

 

~メニューを見せる準備をしながら~

アヤト「落ち着いた雰囲気でゆっくりできていいですね」

あやみ「ですねー」

 

~メニューを見せて~

アヤト「何にします?」

あやみ「あ、いいですよ。(メニューを回転させながら)一緒に見ましょう」

アヤト「優しいですね」

あやみ「そんな、そんな!普通です」

アヤト「噂のチーズケーキ食べてもいいですか?」

あやみ「私もそうしよーかなー?あ、ベイクドな感じのもあるんだ。悩む~」

アヤト「どっちも美味しそうですよね~」

あやみ「カリカリを楽しみたいけど、チーズの風味も楽しみたいからな~」

アヤト「むしろ両方食べます?笑」

あやみ「カロリーやばいですよね笑」

アヤト「じゃあ僕ベイクドにするんで、レアチーズケーキにして下さい。それか逆にします?」

あやみ「そうしましょうか~。一口下さい」

アヤト「飲み物はコーヒー?紅茶?」

あやみ「紅茶にしようかなー」

アヤト「はーい」

 

~店員さんを呼んで注文~

 

アヤト「~~~でお願いします」

店員さん「かしこまり~!」

 

~一息ついて~

 

アヤト「そういえば、お仕事は残業とかあるんですか?」

あやみ「残業はあんまりないですねー。でも定時に帰るのは気まずいですねー(笑」

アヤト「そういうのありますよねー!僕も上司がいると全然帰れないですもん(笑」

あやみ「うちの営業さんも言ってましたよー」

アヤト「やっぱどこも似たようなもんなのかね笑 平日は家帰ってどんなことされてるんですか?」

あやみ「うーん…。ご飯作ったり家のことしてるくらいですかねー」

アヤト「家事とかしてると地味に時間取られますよねー…。お弁当とか作って持ってってるんでしたっけ?」

あやみ「あー、一時やってたんですけど、梅雨とかの腐りやすい時期にやらなくなってそのままやめちゃいました(笑」

アヤト「梅雨はねー。キケンな香りがする時ありますもんね笑 今はお昼はどうされてるんですか?」

あやみ「コンビニか近くのお弁当屋さんとかですねー!オフィス街なんで出張販売みたいのしてくれてるんですよー」

 

~チーズケーキ等が運ばれてくる~

店員さん「お待たせしました~」

アヤト&あやみ「ありがとうございます~」

店員さん「ごゆっくりどうぞ~」

 

アヤト「美味しそうですねー!」

あやみ「美味しそうですねー!」

~食べる準備をしながら~

アヤト「なんでしたっけ、あ、お弁当屋さん!安くてボリューミーなのがうちの会社近くにも来ますよー!」

あやみ「ワンコインでいっぱい食べれるから幸せです♪」

アヤト「いいですよね~。あ、砂糖いります?」

あやみ「ありがとうございます」

アヤト「いただきま~す。(コーヒーを飲んで)美味しい~!」

あやみ「いただきます。紅茶も美味しいです♪」

アヤト「ケーキどっちにします?」

 

まとめ

  • お店に着く時、話が中断するので注意する。
  • お店に入る時は気遣いをする。
  • まずはお店の感想を軽く言い合う。
  • あら探しはしちゃだめよ。
  • メニューを見せる。
  • ケーキセット的なのがおすすめ。
  • メニューを頼んでから徐々に本格的なトークへ。
  • 注文が来た時も話が中断するから注意が必要だよ。

こんな感じですね。

こちらが話すというよりもいかに女性側に話してもらうかが大切なので、

話が途切れた時も、自分の話の最中の場合はそのまま流して、女性が話している場合は話を戻して最後まで話をさせてあげることを意識するといいです。

 

NEXT → 出会い系サイトで知り合った人と初めて会うときの会話術③~次回の約束編~

 

2017年春…!急激に会員を伸ばしている注目のアプリ!!

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!しかも…かわいい子が多い…!!ライバルの男性が少ないうちに可愛い彼女を作っちゃって下さい。

アヤトの紹介記事はこちら → DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

項目別オススメ出会い系サイトランキング

出会い厨アヤトがいろんなサイトを渡り歩いてきた結果を項目別のランキング形式で発表します!  

rankingbanner

ネットで可愛い彼女を作るには!?

アヤトの出会い講座

え?

ネットで出会えていない!?

そいつは大変だ!

今すぐ【アヤトの出会い講座】を受けるべし!!

※おまけで直接アヤトに相談も出来るよ!

→ 噂の出会い講座をチェック!!