初めて出会い系サイトをやった時の思い出を語ろうと思う。

公開日:2014/10/01
更新日:

思い出を語ろうとする男

こんにちは、アヤトです。

何があったわけでもないですが、なんだかふと懐かしくなったので、僕が出会い系サイトをはじめた頃の思い出を語ろうかと思います。

僕の失敗から何か少しでもヒントを得てもらえると嬉しいです。

初めてのサイトはもちろん。

当時の出会い系業界は今より規制がなくて、サクラとか普通にたくさんいたと思います。

そんな中でも2ちゃんとかで評判を調べまくって、辿り着いたのがラブサーチ。

→ ラブサーチ徹底攻略

当時からかなり評判が高かったです。

ラブサーチの雰囲気はどこか無骨な感じで、定額制なので必要以上にお金がかからないのも決め手でした。

ポイント制サイトなんかもチラッと見ましたが、華やかな感じ(アダルト感)はやはり怪しさ満点。

それが無いラブサーチは信頼できました。

 

プロフィール作成

当時の僕はガッチガチのオタクだったので、趣味を書くのに苦労しました。

今みたいにライトな雰囲気のオタクなんてほぼいなかったので、安易に書けない。

(僕が無駄にコンプレックスに思っていただけかもしれませんが…。)

ただ、オタ趣味を隠していたけど、オタクな彼女が欲しかったから、漫画ゲームについてちょろっと書く感じ。

 

メインに書いたのは確かバイトの話だったかな。

当時は大学生だったので、仕事について語ることができず、バイトをいかに一生懸命頑張っているかを書いていたと思います。

僕のノウハウは昔から変わらず、がっつかずに真面目に攻めることでした。

 

アプローチメール

今のFacebook連動系からは考えられないほど、写真を載せている子は少なく、そもそもやってる子も少なかったです。

(Facebook連動系がどれだけ出会えるか、昔のサイトと比べてどんだけやりやすいかを語り出したら2,3時間語れると思います笑 ホントいまは恵まれてる時代です。その代わりmixiとかモバゲーグリーなどが使えたんですけどね。)

→ Facebook連動出会いアプリが出会える3つの理由

 

今みたいに選ぶことなんてできなかったですが、5人くらいにメールを送りました。

サーチしながら丁寧に一人一人にオリジナル文面で書いてると、1,2時間くらいかかっちゃっていた記憶があります。

でも、勝手な満足感はありました。

 

待望の返事

その5通を送った結果…返信0でした。

2時間もかけたのに。

「サクラしかいねーじゃん」とか安易に思っちゃいましたね。(冷静に考えれば、サクラがいれば返事をくれるんですけどね…)

 

それでも月額利用料を払ってしまったので、引くに引けずにさらにメールを送りました。

ターゲットの年齢層も上げて、20人くらいに送ってやっと1通お返事が!

今はそのフレッシュな気持ちを忘れてしまいましたが、当時はとてもうれしかったと思います。

 

とまぁ、喜んでいたものの、その子ともメールがほとんど続かず…。

絶望に打ちひしがれていました。

 

学び

女の子とメールなんてほとんどしたことがなかったので、今の僕が見たら説教したくなるくらいヒドい内容を送っていたと思いますが、当時の自分では気づけないもので。

とりあえず、恋愛系のハウツー本とかネットの記事を読み漁っていたと思います。

 

僕が特に役立だったな~と思ったのは”共感すること””褒めること”です。

当時の僕はとにかく共感する力が低すぎました。

何せオタク趣味以外に一切興味がなく、バラエティどころかテレビ番組なんて一切見なかったので、芸能人の話すらできないし、音楽もオタク系のものしか聞かないから一般人とは相いれない。

共感の前に共通の話題が全くなかったわけで…

 

少しずつテレビネタやペットネタを仕入れて、とにかく共感する。褒める。を実践しました。

 

出会い&さらなる学び

結局、初めて出会えたのが3か月後くらいでした。

こちらのプロフィールページにちょろっと書きましたが、初めてのデートもコミュ障全開でまったくしゃべれず。

一切盛り上がらないデートと呼んでいいのかも謎なものでしたが、人生初の女子との絡みがとても楽しく、その後もサイトを続けました。

 

そこから半年経つまでに5人ほど会いましたが、

それまでにプロフィールを変更し、今バイトを頑張っているだけでなく、将来の仕事にどうつなげるかを書いてみたり、

→ 出会い系サイトのプロフィールに絶対欠かせない1つのコト。

 

写真は笑顔写真を載せたり、

→ プロフィール写真を撮る時のコツを教える。

 Facebookアプリに載せるプロフィール写真を撮る時のコツを教えるよー。

 

ファーストメールが大変なので、テンプレートを作ったり、

→ メールを送るのは面倒!テンプレを用意して出会い系サイトを攻略。

(※ 今のFacebook連動などの短めのやりとりをすべきところではテンプレートを用意する必要はないです。→ Facebook出会いアプリでのファーストメールを考えていくよー。

 

メールの技術を磨いたり、

→ メールが続かない…。女の子とメールを続けるためのコツ。

→ 追撃メールほどダサいものはない。

→ 女の子とメール続かないやつwww

→ 女の子からメールが返って来ない時に試すべき、一つのメール術。

 

共感する力を身につけたり、

→ 女の子との共通点が見つからなければ、作ればいいじゃない。

 

初デート戦略を考えたり、

→ ネットで知り合った人と初めて会う時の会話戦略

→ ネットで知り合った人との初デートプランの考え方。

→  出会い系サイトで知り合った人と初めて会うときの会話術~合流編~

 

いろんなことを学び、考え、実践し、いつの間にやら立派な出会い厨へと進化をとげました←

 

自分の得意なジャンルを持つ。

僕が一番間違っていたのはオタク趣味を隠そうとして、自己開示がうまくできていなかったことです。

自己開示ができないと、相手もなにも喋ってくれません。

なので、一つでもいいから得意分野があると、出会っていくうえで自分を出していきやすいです。(向こうも質問してくれます。)

 

女性を口説くのは、いかに自分を出して気に入ってもらい、その後女性が語り始めて、その話を聞き続けられるかが一番大事です。

 

幅広いジャンルを知ることも大事ですが、1点好きなものを語れるのでもOK。

よくなんでも話題に対応できる人がいますが、そういう人たちはだいたい自分の得意分野に話をもっていってます。

まずは一つ、何かを用意しておくと、僕みたいにメールで失敗したり、デートで気まずい空気になったりするリスクを減らすことができます。

 

何から始めたらいいかわからない人はとにかく語れることを作るのをお勧めします。(マイナージャンルよりもメジャーなものの方が、最初は会話しやすいです。料理とかペットとか映画とか音楽とか。)

 

じっくり時間をかけて。

僕も最初は初めて会うまでに時間がかかり、諦めようと思ったことも何度もありました。

ですが、少しうまくいかないからとやめてしまうと非常にもったいです。

全く慣れてない人でも僕みたいに全然出会えなくても、気長に実践していけばいつか報われます。

諦めてしまえば可能性は0です。

続けることを第一に気長にじっくりがんばっていきましょう。

 

2016年秋…!急激に会員を伸ばしている注目のアプリ!!

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!しかも…かわいい子が多い…!!ライバルの男性が少ないうちに可愛い彼女を作っちゃって下さい。

アヤトの紹介記事はこちら → DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

ネットで可愛い彼女を作るには!?

アヤトの出会い講座

え?

ネットで出会えていない!?

そいつは大変だ!

今すぐ【アヤトの出会い講座】を受けるべし!!

※おまけで相談室も見れるよ!

→ 噂の出会い講座をチェック!!
 

項目別オススメ出会い系サイトランキング

出会い厨アヤトがいろんなサイトを渡り歩いてきた結果を項目別のランキング形式で発表します!  

rankingbanner