「やっちまった!一回の追撃メールが命取りにっ…!」…なんてことは無い。

公開日:2014/06/29
更新日:

メールを面倒臭がる男

こんにちは、アヤトです。

…やってしまいました。

出会い系サイトで知り合った人と3週間ほど丁寧に丁寧にメールを続けていたんですが、

「いざ通話しましょう!」というタイミングでちょっと焦って、フェードアウトされてしまいました。

僕がこんなに丁寧にやり取りをするのは珍しかったんですが、やっぱり追撃メールなんてするもんじゃないですね。

一回のミスが致命的になることはない。

僕は常々「一回ミスったくらいでフェードアウトされるってことなんてない」と思っています。

その一回のミスはただのきっかけに過ぎません。

それまでに蓄積されたナニカがあるわけですね。

 

ポイント制だと考えてみる。

自分のポイントを気にする男

女性が僕らの採点をしていると思って下さい。

プロフィールの時点で「なんだか素敵そうな人だからプラス30ポイントね」とか、

「メールをしていて5ポイント加点!」

「やっぱりダメそうだからマイナス10ポイント!」

とかそんなイメージで考えるとわかりやすいですね。

 

なので、今回のフェードアウトは僕はもう2ポイントしかなかったのに、一回の追撃メールでマイナス10ポイントされ、晴れてトータルポイントがマイナス圏に突入したため、フェードアウトされた。

というわけです。

その子にとって僕との3週間のやり取りは2ポイントしか残らないほどよくなかったわけですね。

 

自分が嵐のメンバーだと仮定する。

例えば、僕が嵐のメンバーで相手の子も嵐ファンだとします。

そうなれば、プロフィールの時点で僕はプラス1,000点くらいもってるわけですね。

そこから多少下手なメールをしようとも、追撃メールをしようとも、

ちょっとやそっとのことではゆるぎません。

…嵐いいなぁ。

 

1回のミスが致命的になる時。

しかし、僕らは相葉ちゃんではありません。

なので、最初の時点でポイントが非常に低い。

だからこそ一回のミスが命取りになっているように見えてしまうわけです。

(※もちろん、セクハラ発言とかしたらいかに相葉ちゃんでも一発アウトだからそういうのはナシで☆相葉ちゃんならそれすらもプラスになるかもだけど笑)

 

ポイントの価値観は人それぞれ。

嵐ファンのアヒルちゃん

ただ、追撃メールを鬼のように嫌う子もいます。

その子にとってはマイナス100ポイントくらいだと捉えているわけですね。

忙しい人は特にそう思っているでしょう。

 

そんなわけで価値観は人それぞれです。

その子にとってのマイナス30ポイントが他の子にとってはマイナス5ポイントでしか無い場合もあります。

そればっかりは人間だからわかりません。

ただ一般的に追撃メールは減点ポイント高いよねってお話。

 

リアルの出会いとネットの出会いを一緒にしたらダメ。

リアルの出会いだったら職場とか友人の関係性があるのでそんな簡単にフェードアウトされません。

ですが、ネットだとまさに赤の他人なのでバッサバッサいかれます。

同じだと思っていると痛い目をみるので、注意が必要です。

(参考:ネットの出会いとリアルの出会いの大きすぎる違い。

まず、信頼感が全くないですからね。

少ない点数の中で【いかにマイナス圏に突入しないか】に気をつけながら、出会いにつなげて下さい。

 

読んでいただきましてありがとうございます。

わからないことや突っ込みなどはこちらからお気軽にご連絡下さい。

2016年秋…!急激に会員を伸ばしている注目のアプリ!!

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!しかも…かわいい子が多い…!!ライバルの男性が少ないうちに可愛い彼女を作っちゃって下さい。

アヤトの紹介記事はこちら → DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

ネットで可愛い彼女を作るには!?

アヤトの出会い講座

え?

ネットで出会えていない!?

そいつは大変だ!

今すぐ【アヤトの出会い講座】を受けるべし!!

※おまけで相談室も見れるよ!

→ 噂の出会い講座をチェック!!
 

項目別オススメ出会い系サイトランキング

出会い厨アヤトがいろんなサイトを渡り歩いてきた結果を項目別のランキング形式で発表します!  

rankingbanner