女の子との共通点が見つからなければ、作ればいいじゃない。

公開日:2013/09/18
更新日:

共感する

こんにちは、アヤトです。

お悩み相談にのっていて、よく頂く質問の一つに

「初めて女の子に送るメールの内容が考えられない」

というものがあります。

僕はこの記事(→ メールを送るのは面倒!テンプレを用意して出会い系サイトを攻略。 )で、

「共通点を見つけてそれについて書きましょう」と書きましたが、どうしても見つからないこともあると思います。

というか共通点なんて無い方が多いかもしれません…。

今回はそんな悩ましい時の対処法をお伝えしたいと思います。

まずは絞りだす。

絞りだす

プロフィールの自己紹介文自体はいっぱい書いているんだけど、具体的な内容があまりない子だと特に送りづらいですよね。(理想の男性のタイプとか。)

そういう時は趣味欄や写真、出身地(現住所と違う場合のみ。いきなり細かな地域の話をすると警戒されてしまうため。)、職業、お酒を飲むかどうかなどなんでもいいからネタを引っ張ってきます。

そこから細い糸をたぐって、話題を探し出していくしかないんですね。

 

興味がないことにも反応してみる。

体験

その細い糸をたぐる時に、自分があまり興味がないことに対しても話題として振ってみるといいです。

例えば、あなたは全く映画に興味がないとしても、趣味が「映画」とだけ書いてる子に対して、

「趣味が映画だそうですが、『風立ちぬ』は見ましたか?僕はまだ見れてないんですけど、凄い行きたいんですよね」

とか送ってみる。

流行っていることを書くのが無難ですが、差別化しようと思ったら、

「『貞子3D2』見ましたか?友達が見て 別の意味で面白い とか言ってて気になってます」

とかでもいいと思います。

最初は自己開示が必須です。というのも自分の情報をあまり載せてない子は警戒心が強い傾向があるので、こちらから情報を出すことで女の子が話しやすい状況を引き出さなければいけません。)

 

いわゆる”教えてもらう精神”で話題ふりをするイメージです。

 

一人だけじゃなくて他の子にも使える!

a1180_004680

読書が趣味って子なら「東野圭吾さんの新作読みましたか?」などから入って、

読んでいたら「僕は一切彼の本読んだこと無いんですけど、一番ライトに読めるのは何ですか?」と聞いて実際に読んでみる。

そして読みながらちょいちょい感想メールを送っていれば、当分メールネタにも困りません。

この実際にやるという行為をする人はほとんどいません。

おすすめの海外ドラマとかを聞いて、『ゴシップガール』などのスイーツ脳満載のものを紹介されても実際には見ない…みたいなね。

社交辞令的に「見てみますねー」とか言って流されるのがオチだと相手もなんとなくわかっているので、実際に行動に移すだけで簡単に他のライバルたちと差別化出来ます。

こんな美味しい話はなかなかないと思うので、オススメされたものは出来る限り取り入れてみるといいですよ。

 

それに、その子以外にも使えるネタになっていきます。

別の読書好きの子にメールを送る時は「東野圭吾さんの『○○』(さっき紹介してもらって読んだやつ)が好きです!□□ちゃんはどんな作品がお好きですか?」と役立てることができるわけです。

そうやって自分の視野を広げていくと、メールを送れる女の子が増えますし、だんだん純粋にメールを楽しむこともできるようになります。

 

体験していくことで幅が広がっていく。

a1620_000735

読書→映画→カフェ巡り→食べ歩き→旅行

と、自分の幅を少しずつ広げれば、最初の頃から比べればメールの内容を考えるのがすごく楽になっていきます。

「読書が趣味なんです」って子に紹介してもらった本を実際に読んで、読書趣味トークがちょっとできるようになる。

その子と仲良くなって、実際に会って映画を見に行けば、映画トークも出来るようになります。

 

ついでに、△△ってカフェに行って映画の感想を言い合うとかすれば、次は「カフェ巡り」が趣味って子に「この前△△ってカフェに行ってさー」とメールが出来るようになります。

そこからカフェだけじゃなくてその近辺にあるご飯屋さんもちょいちょい巡っていけば、食べ歩きトークも出来るようになりますし、そこから他県へ進出していけば旅行が趣味とも言えるようになっていきます。

こんな感じで少しずつステップアップしていけば、話題も増えて趣味も出来て凄くいいですよね。

 

我を通すのは後でもいいんじゃない?

a0960_004665

こんな感じで共通点が無ければ作り出していけばいいんです。

そうすると良いスパイラルに乗っていけるんですね。

僕は大人しめの子とメールすることが多いので、インドア感のある例を出しましたが、アウトドア派とかスポーツ好きの方でもこのように少しずつ進めていけばいいでしょう。

あなたが野球派だったとしても、サッカー好きって女の子に教えてもらいながら色々覚えていけばいいわけです。

 

こういう書き方をすると、

「でもそれだと、自分を曲げるみたいで嫌なんだけど…」

そんな声が聞こえてきそうです。

「自分の好きな事で勝負したい!」って人ならそれを貫くのも凄くいいと思います。

本当に好きな事で楽しめればそれがベストですしね。

「一緒に野球観戦したいんだ!」という思いならそれはとっても大事なことです。

 

ですが、その場合は口説ける女性が限られてしまうので、少し時間がかかってしまうのがデメリットです。

幅を広くとって女の子とのメールを練習しておけば、趣味の話以外のメールスキルも向上していきます。

いざ、野球好きの女の子を見つけた時に必ず役立ちます。

それにサッカー派の子だったとしても、仲良くなればあなたが好きな野球を観るようになる可能性もありますしね。

メールに慣れてないうちは幅を広げた方が、断然有利です。

 

相手の価値観を知ることが出来る。

a0027_002859

結局、紹介された本を読んでも楽しめないし、映画も全然好きになれない。

そんなこともあると思います。

ですが、相手が好きなことを知ることで、相手の価値観が垣間見えるようになります。

 

例えば、ドラクエが好きな人でも、レベル上げをコツコツするのが好きな人やストーリーを追っていくのが好きな人など様々です。

それをあなたが実際に体験してみることで、「こんなレベル上げなんてマゾい作業何が楽しいんだっ!?」と思ったり、「ストーリーも、うぅーん…」って思ったりするかもしれません。

そこで否定するのはもちろんNGですが、ここで大事なのは、相手には相手の価値感があるということです。

それを知っておくと、いろいろな女性を口説く時に役立ちますし、いざ彼女が出来た時でも理不尽な喧嘩をしなくなります。

 

例えば、僕は「夏フェスなんて暑いし、混んでるし、うるさいし、何が楽しいのか全く分からん」と思っていますが、夏フェスが好きな人自身を否定しようとは思いません。

「相手の価値観を理解しろ!」とまではいいませんが、否定せずに受け入れることができるようになると、最初に書いた”教えてもらう精神”でメールを送ることができるようになります。

 

まとめ

  • 最初はか細い糸をたぐり寄せるように、話題を絞り出して”教えてもらう精神”でメールを送るべし。
  • いろんな体験を通して、色んな子とトークができるようにしておくと便利だよ。
  • 価値観は人それぞれだとわかっていると、いろんな子にメールができるようになるよ。

もちろん、自分を曲げまくってまで送る必要はないと思います。

僕自身、超アウトドアな子に対してはメールする気になれないですしね。

ただ、見た目が超タイプだったら別なので、幅広く共通点を作れるようにしておくといろんな子とやりとりができる可能性が増えるので便利ですよ。

 

記事を読んで頂いて、ありがとうございます。

感想などはコチラから連絡下さい。みなさんからの連絡を待っています。

 

2016年秋…!急激に会員を伸ばしている注目のアプリ!!

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!しかも…かわいい子が多い…!!ライバルの男性が少ないうちに可愛い彼女を作っちゃって下さい。

アヤトの紹介記事はこちら → DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

ネットで可愛い彼女を作るには!?

アヤトの出会い講座

え?

ネットで出会えていない!?

そいつは大変だ!

今すぐ【アヤトの出会い講座】を受けるべし!!

※おまけで相談室も見れるよ!

→ 噂の出会い講座をチェック!!
 

項目別オススメ出会い系サイトランキング

出会い厨アヤトがいろんなサイトを渡り歩いてきた結果を項目別のランキング形式で発表します!  

rankingbanner